2015年 03月 16日
アドベンチャー帰還
会合などで東京に行くことはあるものの、まともに観光をしたことがないので今回は軽く定番ルートなど。(笑)
e0134695_2217243.jpg

雷門





e0134695_22171189.jpg

スカイツリー





e0134695_22174728.jpg

帰りはstarさんご夫妻が空港まで送ってくださり、空港内のレストランでお食事をご一緒させていただきました。

お土産までいただき、ありがとうございました。









使用機到着遅れのため20分遅れで出発した高松行最終フライトですが、到着まであと15分のところで機長アナウンス。

「高松空港周辺に濃い霧が発生していて着陸許可が出ません。当便は羽田空港に引き返すことになりました」と。



なぬっ!!



20分遅れで出発した最終便が到着直前で引き返したわけで、羽田に着いたのが午後10時半。
仮に新幹線に乗っても静岡ぐらいまでしか行けず、高速バスもすべて出発済み。
翌日の一番便を確約してくれましたが、定刻に着いても午前8時45分。
ただでさえ高松空港は朝に霧が出やすい地形ですから、夜の時点で霧が出ていれば朝もそのままの可能が高く、これに賭けるのは危険が伴います。

とりあえず最悪の状況から対策を考えなくてはなりません。

第一に仕事の関係先に電話を掛け、最悪の場合の打ち合わせ。
泊まる場所を確保しなくてはならないのでベイコート倶楽部の運営会社の担当氏に連絡を取り、泊まることになった場合の部屋確保をお願いしました。
深夜にもかかわらず現地と連絡を取っていただきチェックイン手続きなしでスムースに泊まれる段取りを整えてくださいました。
情報伝達も速やかで、さすが完全会員制の施設だけのことはあります。

次に何とかして帰る手段を考えることにします。
新幹線も在来線もバスも無理ならレンタカーでと思いましたが夜11時を過ぎているので、どのカウンターも閉まっています。
会社に行くには午前8時までに高松に着いておく必要がありますから、何をするにしても急ぐ必要があります。
そこでダイナースクラブのブラックカードメンバー専用デスクに電話をして、いい知恵がないか聞いてみました。
「できる限りの方法を考えて返答を」とのことで待っていましたが、ほどなくして電話があり「日本レンタカーの営業所の中に24時間対応をしているところがありますのでスタッフ総出で羽田に近いところから乗り捨てで利用できないか順番に当たっています」とのことでした。
朝8時までに高松に到着するには逆算すると新大阪駅6時発の始発新幹線に乗れば間に合う計算です。
したがって東京で借り受けたクルマを5時半までに新大阪で返却し、そこから新幹線に乗れば理論上は間に合います。
それにしても時間的にギリギリです。(汗)
結局、羽田から30分ほどの営業所のクルマの中に大阪返却でも大丈夫なのがあるとのことで急いで向かいました。





e0134695_221847100.jpg

カード会社から細かく連絡が行っていたようで、すでに書類は作成されサインを入れるだけの状態にしてくれていました。
途中、雪道の可能性もゼロではないということでスタッドレスに変えてくれていました。
返却営業所の住所・電話番号・地図も車内に用意してくれています。
完璧です。





e0134695_2219022.jpg

この丁寧さは大阪でも同様で、乗ってきたレンタカーに荷物を載せたまま新大阪駅まで送ってくださいました。
新幹線に無事間に合い、在来線に乗り継ぎタクシーに乗って始業前に到着。





e0134695_22191246.jpg

結果論ですが、仮に朝一便に乗ったとすると大幅に出発が遅れたうえ上空で旋回待機しため到着は3時間近く遅れたことになります。

プチ休暇のつもりが、ドキドキアドベンチャー&脳トレになってしまいましたが、それなりに楽しんでた部分もあります。(笑)




今回の件に関ってくださったプロフェッショナルな方々の素晴らしい仕事ぶりに感謝。
時刻表情報や帰還手段についてメールやLINEで連絡をくださった友人たちに感謝いたします。
本当にありがとうございました。

by shirokuma-cayman | 2015-03-16 22:23 | 旅行


<< つぼみ & ペットモード      お江戸へ >>