2010年 11月 28日
隙間
久しぶりに、いつもの隠れ家に籠ろうと思いましたが今月・来月ともに週末は満室とのことで、最近できた系列の宿に行ってみました。



e0134695_20363298.jpg

戸建のヴィラですが、まだ4棟しか出来あがってないそうです。

ある建築家の強烈な個性で作られた建物のようで、障子の外側をガラスの壁で覆うような造りになっています。

リビングに、この建築家の著書が置いてあったので少し読みましたが「隙間の美学」がコンセプトらしく随所に隙間が作られています。






これが

寒い

マジで寒いです。






戸建なのに壁掛けエアコンが1台しかなく、これも直接見えないようにスリット状の扉で覆っているため暖房効率が悪いようです。

デザイン重視なのは勝手ですけど、泊まる人の事を全く考えてない建築ってのはどうなんですかね。

ゴミ箱を探すのに10分ぐらい掛かりました。(怒)





エアコンの温度設定を上限いっぱいの31℃(強風)にして、かつ防寒着を着たまま過ごしていましたが、耐え切れなくなってきたので食事に行くことにしました。

e0134695_20373165.jpg

フレンチのシェフが作る和洋折衷料理です。

地元の食材をふんだんに使った料理は最高です。



e0134695_2037437.jpg

レストランの照明はローソクだけなんですが、芯が和紙でできているそうで燃え尽きないため、5分おきに店員さんが小さい火箸のようなもので摘み取ってくれます。

摘み取ると、火がしっかりとして大きくなります。

近くの工房で作っているらしいので場所を書いてもらい、翌日行ってみることにしました。



e0134695_20381169.jpg

寒さであまり眠れませんでしたので早朝からレストランに行きました。



e0134695_20383549.jpg

ジュースが3種類出てきました。

どれも新鮮で美味しかったです。



e0134695_20391230.jpg

この宿、シェフの腕は素晴らしいと思いますが部屋が・・・。(極寒)

二度と訪れないと心に誓い出発。












e0134695_20394126.jpg

紅葉が綺麗です。



e0134695_20395232.jpg

ローソク工房を見学してきました。

有名な店のようで結構賑わっていました。

和紙の周りに蝋を少しずつ巻いて太くしていきます。

手造りなんですね。



e0134695_2040158.jpg

近くにはこんなモノを売っていたり。。。



e0134695_20402592.jpg

合理的な代金回収手段です。(笑)



e0134695_20404516.jpg

このバス、いまも現役で使われているようです。



e0134695_20405629.jpg

帰りにPCに寄り、来年のカレンダーを買って帰りました。






皆様も暖かくしてお休みくださいませ。

by shirokuma-cayman | 2010-11-28 20:46 | 旅行


<< 日々雑感      頂きもの >>