2010年 09月 21日
サマセット・モーム
帰国しました。

帰国便の機内でブログを作成しておりました。

あまりにヒマなので長文です。

お時間のある方のみ、お付き合いくださいませ。(笑)









早朝、バンコク・スワンナブーム国際空港に到着。

機内で「サヨナライツカ」の原作本を読んで号泣していたのは内緒です。(涙)


e0134695_2347551.jpg

市内まで、こんなクルマで送ってくれました。

こういう時に見る POLICE の文字は頼もしいです。



e0134695_23471953.jpg

途中、バンコク中央駅に寄りました。

ある行事?を見るためなんですが、、、

コンデジで動画を撮りましたがアップの仕方がわかりません。

できたら後日アップしたいと思います。





今回の旅のコンセプトは「短時間で、どれだけのんびり寛げるか」です。(汗)





なので、、、

e0134695_23482658.jpg

オリエンタルホテルに泊まることにしました。

世界ランキング1位を何度も取っているホテルです。

世界中の高級ホテルが研修生を送り込んできています。

いままで何度か泊まっていますが、他では得られない究極のホスピタリティを受けることができます。



e0134695_23484088.jpg

今回は敢えて旧館の部屋を取りました。

改装を繰り返してはいますが、ほぼ100年近く経っている建物です。



e0134695_23485437.jpg

かの文豪、サマセットモームが長期滞在し執筆活動をしていた部屋です。

彼の名が、そのまま部屋の名前になりました。

先日来、DVDを観ていた中山美穂主演「サヨナライツカ」の舞台になった部屋です。



e0134695_23491110.jpg

入ってすぐに30畳ほどのリビングルーム。

ウエルカムフルーツと良く冷やしたシャンパンが置いてありました。

オリエンタルホテルでは、どの部屋でもチェックインは部屋の中で行います。

部屋付きのバトラーさんからご挨拶と、名刺をいただきました。

このホテルに勤務して35年になるベテランだそうです。



e0134695_23494127.jpg

その奥には、それより少し広いベッドルーム。

天蓋付きのベッドが歴史を感じさせます。



e0134695_23495482.jpg

さらに奥に広いバスルーム。

中世ヨーロッパを思わせる電話機のような蛇口です。










e0134695_2350736.jpg

お腹がすいたので、ホテル内の飲茶の店に行きました。



e0134695_23502449.jpg

e0134695_23504813.jpg

e0134695_2351517.jpg

ここも映画に使われました。

程よい味付け、素晴らしい接客で大満足です。








e0134695_23512298.jpg

部屋に戻ると



e0134695_23513717.jpg

ケーキがありました。

ホテルからの、来月の誕生日の前祝いだそうです。

また歳をとってしまいます。(涙)



e0134695_23515395.jpg

時計を外して、のんびり読書タイム。

それにしても、デカいキーホルダーです。



e0134695_2352738.jpg

部屋にはサマセットモームの著書が備わっていました。



e0134695_23522158.jpg

ここではカーテンを閉めてもらうのも、バスタブにお湯を入れてもらうのもバトラーの仕事です。

ホテル内を散歩して戻ってきた5分後に、さりげなくサンドイッチを差し入れてくれたり、頃合いをみて用事がないか聞きに来てくれたり、本当に素晴らしい対応です。

どうやらラウンジや廊下に立っているホテルマン同士がトランシーバーで連絡を取り合っているようですが、圧迫感や監視されている感がなく、きわめて自然に対応してくれます。

この辺りが、世界一と言われる所以なんでしょうか。








e0134695_23523997.jpg

夕食は現地在住の友人たちととることになっていましたので、タクシーで移動することに。

部屋を出たとき、ちょうど向かいの部屋(ジョセフ・コンラッドスイート)から年配の白人ご夫婦が出てこられました。

少しお話ししましたが、柔らかい物腰と上品な所作でアジア人とは根本的に違います。

こういうふうに歳を重ねたいものだと思いました。



e0134695_23532291.jpg

メインロビーでは弦楽四重奏のお見送りです。



e0134695_23533682.jpg

海鮮料理の店に行きました。

カニのカレー炒めが絶品です。

APECの際、当時の小泉首相が来られた店です。



e0134695_2353513.jpg

帰りは、トゥクトゥクに乗りました。

「オリエンタルホテルまでいくら?」
「80バーツ」
「そんなんだったらタクシーで行くよ。メーターで50だし」
「・・・」
「50でいいよな」
「うん」



e0134695_2354549.jpg

とのことで、50バーツ(130円)です。(笑)



e0134695_23541850.jpg

映画と同じアングルです。



e0134695_23543699.jpg

せっかくなので、サマセットモームの本を読んで過ごします。

外出している間に、オリエンタルのロゴ入りしおりを挟んでくれてました。

また私の名前を金箔で彫り込んだレター用紙をいただきました。



e0134695_15201799.jpg

朝、いつもはコーヒーなんですが、紅茶をルームサービスで。。。











かくして、現地滞在24時間ちょっとの極短夏休みが終了しました。

明日から仕事がんばります。

by shirokuma-cayman | 2010-09-21 00:03 | 旅行


<< 定例行事      戻ってきたA6 & 1000km >>